ディップス

主に大胸筋下部と上腕三頭筋のトレーニングですが、体重を手でだけで支えるため、腕立て伏せよりもきつい運動になります。
ジムなどでは平行棒を使ってするトレーニングですが、背もたれつきの椅子が二つあれば自宅でもできます。
下ろす時に身体を前傾していくと、より大胸筋を使うトレーニングになります。
平行棒を使うよりも椅子を使うほうが難しく、きつく感じると思います。
椅子の背もたれを掴み、足がつかないように膝を曲げます。身体を前傾させながら肘をまげて身体を深く下ろしていき、下ろしきったらまた肘を伸ばしスタートポジションに戻ります。

この運動でも、動作の間で休まないで、出来る限り続けるようにします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ