おすすめのダンベル

男性にオススメのダンベル20kgセット
こちらは15kgのダンベルセット

自宅トレーニングにおすすめのダンベル

自宅での筋力トレーニングに必要な器具は?
という質問をよくいただきます。

実際に器具が一切無くてもできる運動は沢山ありますし、自宅の椅子や雑誌を鞄に詰めたりしたものを使用するだけでもバリエーションはかなり増やせます。

ですが何とかして、ダンベルは買いましょう、(おすすめのダンベルは下にあります)ダンベルとゴムチューブやゴムバンドは、どちらもマシンなどと違い、自由な軌道で運動できるという利点があります。

ダンベルとチューブとの違いについては、
ダンベルの利点は、動作の最初から終わりまで同じ重さなので、動作中ほぼ一定の負荷を与えることができることと、動作の初めに大きな力を必要とし、反動をつけた運動ができるということがあげられます。

反動をつけた運動は瞬発力の養成や動作の訓練、筋トレでも最後の追い込みに使うと有効です(通常の筋トレで多用すると、目的とした筋肉以外を使っての運動になってしまうため、トレーニングに慣れてから取り入れましょう。)

チューブやバンドは、最初は力は必要なく伸ばすほどに大きな負荷がかかるため、動作中に一定の負荷がかけられないことと、実際のスポーツなどに生きるトレーニングにはなりにくいのですが、ダンベルやマシンでは不可能な角度から、筋肉を鍛えることができ、ケガなどは起こしにくいトレーニングができ、リハビリなどには向いています。

実際どちらか1つ選ぶとしたら、重さを調節出来るダンベルのほうがおすすめです。
ダンベル15kg~30kgのセットが良いと思います。

お金に余裕のある方は最初からパワーブロックのほうが良いと思います。

これはピンをさすだけで重量が変更でき、インターバルを短くしたトレーニングをしたいときには非常に便利です。

パワーブロック

更にダンベルとベンチがあれば一通りのトレーニングはこなせてしまいます。

私はダンベルは高いものを買いましたが、おすすめするダンベルは、プレートの付け外しでウエイト調整が2.5キロから1.25キロずつ重量の変えられるダンベルで、

amazonで検索すると 4,000円程度で送料無料で購入できます。

筋力アップを目指してトレーニングを始める男性であれば最初は20Kgのセットで初めて、筋力がアップしたら慣れてきたら、後で5キロプレートなどを少しずつ買い足すのが良いでしょう。女性の場合は15kg程度の重量があれば、たいていのトレーニング種目で十分な負荷を得られるでしょう。送料無料で錆びないクロームメッキがこの値段で買えるのは、以前は考えられませんでした。

男性にオススメのダンベル20kgセット
こちらは15kgのダンベルセット


お金に余裕があれば普通のダンベルよりも簡単に重量を変えられ、場所をとらないパワーブロックのほうが良いのですがこれは初心者がいきなり買う必要はないので、ある程度筋力がついてから本気でトレーニングについて考えた時に思い出してください。更にベンチがあれば、ジムに通うのと大差ないトレーニングが可能になります。 もしも更にお金と置き場所に余裕のある人なら、チンニングスタンドもあると良いでしょう。

ゴムチューブ ・バンドについて

どちらかというとリハビリなどに使うのに適したものです。

チューブトレーニングというとチープに感じる方も多いかと思いますが、利点もあります。
胸、背中、腕、肩を中心に、ベーシックな種目から応用種目まで幅広いトレーニングが可能で、チューブを捻ったり、
折り重ねることにより負荷もかなり細かく調節できるのです。
そして何より超軽量で折り畳みも可能な為、持ち運びが容易でトレーニングの場所を選ばないという優れモノです。
またインナーマッスルのトレーニングも効果的に行え、五十肩等の症状改善を体感される方も少なくありません。
旅行の多い方も多忙な方も1本のチューブがあれば、トレーニングができます。
チューブタイプのものよりも、バンドタイプのほうが捻ったり、折り重ねることにより負荷もかなり細かく調節しやすいので、



利点でもあり欠点でもある事は、運動の最後になればなるほど負荷が強くなる事です。

このため、運動中に無理があれば、途中でやめてもけがの心配は少ないですので、リハビリなどによく使われますが、

実際のスポーツや生活での体の使い方では動作の最初に大きな力を使うのが通常ですから、そういったトレーニングとは逆の使い方になるため、
競技や目的にもよりますが、スポーツなどに生きる筋トレを心がけている場合は、チューブトレーニングだけに頼らないほうが良いと思います。

これからトレーニングをはじめる方や一般の女性ならスポーツ用品店やデパートで売っているので手軽に入手できる

セラバンド イエロー シンでじゅうぶんです、

多少運動歴のある方なら

セラバンド グリーン ヘビーもあると良いでしょう。



目的に合わせたトレーニング種目など細かく書いた説明書が入っていることと、医療用のリハビリに開発された安全性の高さもおすすめできる理由です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ