筋肉に効かせるトレーニング方法

筋肉のトレーニングの目的が、筋力アップや筋肉を大きく発達させることにある場合は、日常生活で重いものを持ち上げるのとは違った体の使い方が必要になります。

これはよく【効かせる】という表現をされていて、トレーニングをした筋肉が効果的に完全に疲労しきった状態にすることを言います。

実際には、反動を使わず目的の筋肉だけを使ってウエイトをあげることと、トレーニングの動作中力が抜ける瞬間をなくすということに気をつけなくてはいけません。

目的はいかに効率よく疲労させるかですから、使用重量を無理に重くして反動を使ったりする必要はありません。

しっかりと効かせた場合にはトレーニング中に筋肉が焦げ付くような痛みを感じ、筋肉がパンパンに張り、普段よりも太くなります。

この筋肉が張って太くなることをパンプアップといい、焦げるような痛みをバーンといいます。

パンプアップは乳酸などの疲労物質が筋肉中に溜まると、疲労物質の濃度を薄めるために筋肉に血液が流れ込んで起こるもので、

バーンは乳酸などが溜まり酸性になった筋肉の中でヒスタミンなどの発痛物質が発生して起きるとされています。

どちらも筋肉中に疲労物質を溜めておくことによっておこるもので、加圧トレーニングなどにもこの理屈が応用されています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ